さとり世代「ぬくこ」の叫び!~尊厳溢れる令和の時代へ~

人と人が分かり合えず、戦争が絶えない 人類の究極の問題にメスを入れ、世界基軸教育による心の時代、令和Cityを構築しています^^ 認識が世界を変える。

医療崩壊、日本崩壊を防ぐ策。~COVID19の危機を反転する、日本式ロックダウン~

こうやって言葉にする間も、
私が休んでいる間も
今なお最前線で身の危険を感じながらも治療に専念してくれている看護師が、医師が、コメディカルがいる。


医療のことは何も知らない者達から、
もっと検査を増やせ。入院を受け入れろ。薬をくれ。いろんなことを言われながらも、
TVやニュースでそんな光景が流れながらも、今も目の前のひとりひとりと向き合ってくれているのだ。
その光景を思うと、本当に感謝してもしきれない。


だからこそ、言いたい。
今、
医療は崩壊しかけている。

もう崩壊するのも時間の問題だ。


マスクは減り、感染予防も最低限。
本来1患者1対応の対応もままならず、
予防したいのにできない予防対策。


増え続ける検査に、増え続ける患者。
重症者に当てられるレスピ(人工呼吸器)も施設により設置台数は限られている上に、
対応できる医療者にも限度がある。
対応しきれなくなる時は、もう目前だ。
そして、その時は一瞬だ。



今の検査数、罹患数を見ても、
日本の人口と対比して、ほとんど検査をしていない。
その現状を見たときに、
日本の全国民が検査すると膨大な数になることは目に見えている。


明日は我が身だ。
症状がないからといっても、すでに罹患している可能性だって、十分にある。
それに気づかず、出回っていたら、尚更感染を拡げている。



知らないうちに、自分が罹患し、
知らないうちに、自分が拡げ、
知らないうちに、感染が拡がっている。


そして、
気づいたときには、
感染している人が感染していない人を越え、
罹患者に溢れ、
感染症状が絶えず、
医療機関は受け入れられないくらいの人で溢れ、
罹患しても太刀打ちできず、
医療もお手上げ。
治癒する間もなく、
生命を削るしか策がない。



そうなることが目に見えている。


それが目に見えない感染の恐ろしさ。
コロナウイルスの脅威だ。


自分がかかっていないから、
自分は大丈夫。

そんな言葉は
切通用しない。

それが #COVID19 の猛威だ。

だからこそ、
これ以上
感染を拡大しないためにも、
これ以上
死者を増やさないためにも
今すべきこと。


それが
#日本式ロックダウン。



コロナウイルスは人間の細胞を餌に増殖する。
人間が出回る限り、
ウイルスは増え続けるばかり。


だからこそ、
ウイルスをシャットアウトすべく、外に人がいない状況をつくっていく。

そして、家の中でもウイルスを消滅させるため、マスクを着用し、人との距離を保ち、アルコール消毒を徹底する。

そうすることで、
ウイルスが存在する場所を人間の体内のみにさせていく。


そして、
体内にウイルスがいるかどうか、毎日の健康チェックを欠かさない。
そこで少しでも違和感、症状を感じたら、その症状に即した対応を施していく。

そうすることで、
クリーンエリアを拡大し、
コロナウイルスゼロの
#クリーンジャパン をつくる。
youtu.be


これが
日本式ロックダウンだ。

クリーンジャパン戦略 | 日本式ロックダウンでクリーンエリアを一発で作る


#たった28日間 の隔離にすぎない。
たった28日間のロックダウンに過ぎない。


考えてみてほしい。
このままロックダウンもせず、
感染が拡大し、
感染者が増え、
死者が増え、
治療はままならず、
医療ら崩壊し、経済が破綻し、
雇用の危機、企業の倒産は増大し
日本が崩壊していく姿を。

そんな姿を、そんな未来を見たいか?

それとも、
28日間の日本式ロックダウンを決断し、
たった28日間、
自宅で自粛し、
自粛中もオンラインで繋がり、
コロナウイルスゼロ、
心の不安・恐怖も癒え、
医療崩壊はなくなり、
1ヶ月間の経済の猶予を与え、
経済の危機も、雇用の危機も、企業の倒産もない
クリーンエリア、クリーンジャパンになっていく。
そして、28日後には、
笑顔溢れ、今まで以上の生活に戻っていく姿。

あなたはどちらがみたいですか?


28日間の自粛。
それは、ただでさえお金や時間、いろいろなものへの弊害も大きいでしょう。


しかし、今止めなければ、その弊害はいつまでたっても止まることはありません。
むしろこの先ずっと続きます。
もちろん不安・恐怖が癒えることもありません。


たったの28日間の日本式ロックダウンと、
あなたの生命、あなたの人生。


今一度せんたく致し申し候。
今こそもう一度日本が団結するときではないでしょうか?


私は見てみたい。
世界が誇る日本を。
世界が愛する日本を。
世界が尊敬してやまない日本の美しきチームプレイを。

ひとりでも多くの生命を救うべく、
ぜひ、日本式ロックダウンに賛同よろしくお願いします😌

bit.ly


#医療者のみなさんありがとう
#医療崩壊 #経済破綻 #雇用危機 が起こる前に
#日本式ロックダウン を。

#今一度せんたく致し申し候
#世界が尊敬する日本 を
#チームプレイ を
共に起こしていきたい。

生まれてこなければ良かった、そう思うのは健康な証。

この体で生きることに意味も価値もないことが明確に分かったとき
生きる意味価値を見出せる。
 
こんにちは。
絶望を希望に変えるジェネラリスト さとりぬくこです。
 
突然ですが、あなたはこんな経験ありませんか?
 
人の役に立てることに生きがいを感じ、こうしたらきっと相手も嬉しいだろうなってできる限り相手に尽くす。
だから、友達の話を聴いて相談に乗ったり、助けたり協力するのは得意。なんだけど、果たしてこのアドバイスが本当に相手のためになったのかはよく分からないし、人の話を聴くのは得意なんだけど、かといって自分のことを話すのは好きじゃない。
そして、気づいたらどこかぽっかり心に穴が開いてるような自分がいる。
 
本当は、相手が欲しがってる言葉をかけれたらいいなって思うし、思ってることをそのまま口にすることができたらいいのにって思う。
自分のことも相手のことも率直にぶつけ合って、どんどん仲良くなっていくそんな関係性やそんな人に憧れる。
 
だけど、これ言ったら傷ついちゃうんじゃないかとか、これ言ってこう思われたらどうしようとかいろいろ考えすぎて、相手に素直に思ったことを言えない。
 
その一歩を踏み出す勇気が欲しくて、いろんな歌を聴いたり、本を読んだり、ネットで調べたり、自己啓発の本を読んだり。コミュニケーションの講座を学んでみたり。いろんなことをやってみる。
 
だけど、結果的にその勇気も持てなくて、勇気も持てない上に、結局人の役にも立てない。
そんな自分なんて、価値がない。
しまいには、なんでこんな役立たずな自分が生きてるんだろう。
生まれてこなければ良かったのに。

そう思うことって、多いと思うんです。今の時代。
思っていても、出せない。
出すのが怖いし、出したところでどうにもならないことが分かるから。
 
そうやって、人は、なんで自分は生きてるんだろう?
どんな意味があるんだろう?
 
そうやって生きる意味価値を探していく。昔の私もそうでした。
 

しかし、この時代に生まれてこなければ良かった。
そう思えることは
実は健康な証です。

なぜならば、
この時代に明確に生きる意味価値を伝えてくれる人は、
教えてくれる人は誰一人としていなかったから。
700万年、誰もが悩んできた悩みでもあるんです。
 
 
しかし、そこに明確な答えを見出した人がいる。
 
 
人間は必ずこの相対世界の中では意味価値があることは〇、意味価値がないことは×。そうやって判断基準を創るんですね。
その×のなかで、〇の自分を創って頑張ろうとする。
役に立てない自分は価値がない。
役に立てない自分は×が、根本的にあるんです。
その相対世界から抜け出せないことがいちばんの問題。
あなたが悪いわけではなく、〇×を創ってしまう判断基準、脳のクセがある。そこから自由になれないことが、悩みの根本原因なんですね。
 
 
では、どうしたらいいのでしょうか?
 
 
この体で生きることに意味も価値もないことが明確に分かったとき
生きる意味価値を見出せる。
 
 
冒頭にも書きましたが、
この〇×を創っている判断基準、脳の観点から自由になること。
これが何より大事です。
 
 
そして無意味の意味、無価値の価値。
この体で生きることは意味がないんだ!価値がないんだ!
そのことが明確に分かった時、生きる意味を生きる価値を∞生み出すことができるんです。
 
意味も価値もないところに、勝手に意味を付けて、勝手に価値をつけるから、鬱になったり、自殺したり、戦争したりする。それが終わらない。それが今までの社会。
 
だけど、脳の観点の外、宇宙の外から見たら、すべてが神秘神聖。
意味がない、価値がない世界から、意味をつけることが、価値をつけることが、どれくらいすごいことなのか。どれほど歓喜あふれるものなのか。それに気づくことができるんです。
 
それが令和の世界であり、日本から創っていく令和の時代。
 
そのようにして、実際に意味・価値から自由になって、
命以上に価値があるものと出会っていく場が、令和哲学カフェでもあります。
 
 
 
その第3期が今日からはじまります✨
 

f:id:satori-nukuko:20210524191939j:plain



哲学と聞くと、難しい、そう思う方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、 令和哲学カフェはたったひとつのことしか伝えていません。
 
それは、
【ひとつが分かれば、全てがわかる。だけど、ひとつ分からなければすべて分からない。】

 

たったひとつ分かってしまえば、生まれてこなければ良かった。
そう思うことが健康ということはもちろん、そう思えること自体がどれくらい意味・価値があることなのかが分かり、それだけでなく、AI時代に明確な生きる方向性を、軸を持つことができるんです!!

人類がずっと悩み解決してこなかった究極の問題を発見し、
ステージ2の日本をステージ3の日本に変化させることができる令和哲学者Nohjesu氏と共に、その究極の問題に気付き、新しい方向性を見いだせる唯一の哲学こそ令和哲学。

その究極にシンプルな世界をぜひ一緒に味わってみませんか?

相手に合わせて生きる生き方から、殻を破って生きることができる。
役に立とうが立たまいが、生きる意味価値が得られる人生を歩んでいくことができる生き方へ。

 

それを共に学びに実践していく仲間がいること。これもものすごくありがたいです。

思ったことを話せて、自分以上に自分のことを分かってくれる人がいて、
今までにない深い関係性が築けること。
こんな出会い花い。そう思える場です。
使えば使うほど、哲学がある生き方の効果を実感することができます^^

ぜひ、あなたと一緒に深めていけたら嬉しいです^^✨

 

【5/24スタート!】令和哲学カフェ3期参加者募集! | 令和哲学カフェ

 
 

令和の実践

大好きな番組、

令和哲学カフェ。

 

今週のテーマは

「令和の実践 ~今までの実践とこれからの実践~」

reiwaphilosophy.com

 

この回を通しての気づきが大きかった。

 

諦めていた、何もかも。

人と出会うことも、

夢を追い求めることも、

夢を実現することも、

生きることも

全てにおいて

絶望していた。

 

しかし

先日日本人Industry5.0を受講し、

正しく絶望することの大切さ

絶望しきったら希望にしかいかないことを実感し

令和哲学を実践することの深さを思い知り

自分の中にあった何かが呼び覚まされた。

 

そして

今回の令和哲学カフェ。

 

もう一度やってみよう。

そう思えた5日だった。

 

この時代の当たり前という常識を

存在という固定を破壊する

700万年の人類のパラダイム大転換。

 

その令和の実践をし続けられることが

どれくらい希望で

どれくらいすごすぎることなのか。

 

誰も歩まぬ道を

歩む覚悟と、希望に

真の令和哲学が呼び覚まされる

そして心が呼応する。

そんな場だった。

 

今ここのこの出会いの歓喜

仲間がいることの喜びとありがたさ

だからこそ実践し続けられることに

幸せを思った。

 

ありがとう。本当に。

 

 

人類誰もがかなえられなかった夢を

もう一度描きたい。いや、描ける。

だから今も実践し続けるんだ。

 

それを自覚できた。

今の私に必要なことは自覚なんだと知った。

 

 

MISSIONに向かって

あの時思い描いた夢を

もう一度描く!

1間点と、共に歩む仲間と共に。

 

 

最後に。

ファシリテーターのふっちーさん。

そして出演者の

えみさん、拓ちゃん、雅也くん、ふくちゃん、よしじゅんの変化が

すごくかっこよかったです。

まさに令和の実践。

感動をありがとうございました!

 

今ここ実践者であり続けたい。

 

#令和哲学カフェ

#ぬくこメモ 

絶望こそが人間を育てる

人間は希望を幸せを求める

しかし不思議なものだ

絶望こそが人間を育てる

f:id:satori-nukuko:20201130110708j:plain
f:id:satori-nukuko:20201130110726j:plain

本当そうだと思う。

希望を
幸せを求めているときよりも

人生に
人間に
社会に
時代に
絶望したときこそ

自分に
人に
周りに問い

自ら考え、気づかせ
成長させてくれるものだ、と。

そしていま
わたしは
人生において
大きく分けると
2度目の絶望期。

絶望にも
2段階あるんだ、と気づかされる。

1段階目のときは
絶望こそが希望だ、と走り
絶望を絶望と感じれないくらい
前向きに生きるしかなかったとき。
周りから絶望だったね、と言われるけど
けろっとしていて、認めることもせず
あとになってやっと
あのときは
絶望だったんだ、と自覚した。

そして今回。
意識空間における絶望は
もはや
極限まで達し
無意識的にも
今まで閉ざしてきたものが
吐露され続けた
諦め
そして
絶望

なんで朝がくるんだろう
朝なんて来なければいいのに

このまま朽ちてしまえば
何もかも終わるのに

数日病人のように寝込み
人を
関係を
空間を閉ざしては
廃人と化し

やっと
少しずつ
認識できるようになってきた。

そして
2段階の絶望を越えた先には
予想もしなかった
予想をはるかに越える道があることも
ほんの少し
間を通過してみて
やっと
みえてきた。

絶望のさきには
絶望しかないって思ってたけど
そうじゃないみたい。 
2段階の仕組み、すごいな、と。

それに
絶望も楽しむことからはじまるのかも
って
ほんの少し
思いました。

また記します。

どうやったら人は話が聞けるのか?

昨日!初✨メディア出演させていただいた令和哲学カフェ^^

今日はその感想をちょっぴり書きたいと思います!

 

 

まず何より

ちょーーーーーーーーー

楽しかった^^!!!!!!

 

 

無意識的な緊張で普段かかない汗を久しぶりにすごく書いたり、

全然話が聞けなさすぎててんやわんやだったり、

何が起こっているのかわからない!なんてことはむちゃくちゃあったのですがwww

けど、こんなに楽しかったんだーーーーーー!!!って思いました^^

 

何よりの変化が

1週間前くらいまでは、話が聞けないとか分からないってなったら、あー聞けてない。何て話してたっけ。って思いながらまたやってしまった・・・

自己否定ズーンorz... からの私のパターンとして存在否定→死にたいってよくやってたんですけどwww

 

今ここを生きる令和哲学にかかれば
分からないことも聞けないことさえもこんなにわくわくできるんだ!ということに気づきましたね^^

 

分からないことにわくわくできるってほんとすごいな!って。
未熟があるって伸びしろがあるってことじゃないですか^^
これからいかようにもなれる!! あーいいな!って思いました^^

 

で、なぜこうなれたかって思ったときに、
ぶっちゃけアウトプットだったわけですよ。

 

哲学に興味がない。とか、分からない。
思ったことをぶっちゃけていくことって
すごく大切なんだということに気づきました^^

 

そして、
そんな些細なことをアウトプットしていくことが
実は話が聞けるようになる大切な要素!です!!!

 

メディア出演が決まりました^^

2020/08/20 のこと。
 
石の上にも三年といわんばかりに
哲学が楽しい!!と思うまでに
3ヶ月かかりました遅咲きぬくこから、
今日はみなさんにお知らせがあります。笑
 
最近やっと哲学の面白さがわかってきた私ですが
この度、メディア出演が決まりました^^!
今日から平日6日間、21:00-22:30で
令和哲学カフェ☕に出演させていただきます😌
 
もともと考えるという行為は好きで
むしろエジソンのように悩み続けるほど
考え始めたら止まらない思考ではあったのですが
哲学と聴くと、フリーズ✋ってシャッターが降りていくことも多かった数ヶ月。
 
人はなぜ生きるのか?
持続的な関係が維持できずに、関係が壊れる理由は?という風に問われると身近に感じやすい哲学も
簡単なことを敢えて難しく記しているようにみえる数々の哲学者の書物に、
その解析に余計に頭を悩ますこともしばしば。
 
その難しさに
頭ぐるぐるしはじめ🌀、いつしか夢の中だった!
何てこともよくあったのですが
(Nohさんが1ヶ月は粘るんだ!って言ってたので頑張りましたw)
粘ること3ヶ月 ←1ヶ月越えたw
 
ようやく遅咲きの花が開きました!!!
そのときの感動といったら😍😍🎉🎉🎉🎉🎉
 
令和哲学はシンプルに
観方を変化・移動する技術なのですが、
どこから観るのか?だけで
え?まじで?こんなに簡単なこといってたの?
ってことに気づきはじめて驚きの連鎖です!
 
難しいと思えば思うほど
難しいという解析の中にはまり、余計にわからなくなる。連鎖。
その蓄積ばかりしていたことに気づきましたw
けど、それでもか!と粘ったからこそ、観方が変わった時の変化に気づくこともできて、20倍も美味しかったです😋🍴💕
 
そして、何よりも驚きなことは
難解といわれてきた哲学者達が発してきたことが
令和哲学にかかればマジックでもしたかのように
シンプルに整理される、ということ。 
おったまげました!!!!
 
そんな難しくも分かりやすくもありながら
すごく楽しくて
これからの人生に欠かせない
令和哲学カフェ☕

f:id:satori-nukuko:20200821192701j:plain

いつも見守る令和くん
 
最近はスタッフとして裏方で📸をパシャパシャ撮りながら
出演者のチャレンジや変化に涙したり、
かつては誰ひとりとして経験者もいなかった放送局が
今では世界に誇れる放送局になるまで進化してきたこのチームプレーに感動が止まらなかったりの連続でしたが
慣れない表の世界にチャレンジすることにしました!笑
 
このチャレンジも
分からないことにわくわくする喜びを蓄積できたのも
Nohさんはじめ、仲間たちの勇姿やチャレンジ、チームプレーのおかげです😌✨
 
今宵から6日間。
果たしてどんなドラマが待ち受けているのか
全然想像もつきませんが
平日毎日21時~22:30で開催します^^
 
これからの時代に欠かせない令和哲学(*^^*)
無料ですしこの機会に
一緒に深めていけたらうれしいです✨✨
 
詳細はこちら😌

では、画面越しにまた会いましょう🎵
 
【ダイジェストCM】
 

f:id:satori-nukuko:20200821193055j:plain

勇姿の記録✨No.1
 

f:id:satori-nukuko:20200821192900j:plain

勇姿の記録✨No.2

f:id:satori-nukuko:20200821192810j:plain

バトンを受け取りました!

冷戦状態の日本を救う道 ~6.13 TPPを通して~

『平和』を名詞ではなく「動詞」に。

初めてこのフレーズを聴いたときぐっとくるものがあった。

 

こんばんは。 あるく尊厳診療師ぬくこです。

 

今日、Together for Peace Powerのビデオレターが明日の12時までという期間限定で配信されました*^^*

youtu.be

リアルタイムで見ることができなかったので、 いま鑑賞を終え、余韻に浸りながらこのブログを書いています。

 

今回で第19回になるTogether for Peace Power 略してTPP。

初めて聴く方も多いかもしれないので説明すると、
TPPは『平和』を名詞ではなく「動詞」としてとらえ、今この瞬間一人ひとりが蓄積していくPeace Powerによって、個人の心の変化から社会の変化を創造していく文化的ムーブメントとして、2002年から、毎年1人1人の心の平和をテーマに開催してきた、歴史も深いイベントです。

 

毎年東京で開催されていて、実際私も話にはたくさん聴いていたのですが、なかなか参加できる機会がなくて、初めての参加だった今回。

コロナによる開催中止がよぎりながらも、このような時代だからこそ、とビデオレターにして共有していただけたのも、コロナのお陰だなと、感謝しています。
ありがとうございます*^^*

そして、この40分の中に凝縮されている内容に、感動せずにはいられなかった。

 

いま、この時代に、平和を願う人は、 平和の世の中を夢見る人も多いのではないでしょうか?

 

 

もちろん、昔は私もそのひとりでした。。。

 

しかし、 この言葉に出会って変わりました。

 

『平和』を名詞ではなく「動詞」に。

 

この言葉の意味はよく分からなかったけど、当時ぐっと来るものがあったのをいまでも覚えています。

 

それこそ、小さい頃、

なんで世界は戦争が終わらないんだろう? 日本はこんなに平和なのに。

そう思っていました。

 

しかし、

いつだったか、日本も戦争中だ。しかも冷戦のように静かな。

そう思うようになったのを覚えています。

 

それこそ、戦争を身近に感じたのがこの頃。
人と人が分かり合えない。分かり合えずに喧嘩をし、時に離れ、別れたり。

確かそれは、自殺などのニュースが多かった中学校くらいの頃。
その頃の私は自殺する人に対して、相手の気持ちを汲み取ることが今ほどできなかったので、なんで自殺なんかするの?自分の命を犠牲にするなんて、馬鹿じゃないの?親不孝もどうかしてる、と思っていました。

 

しかし、日に日に増えていく自殺や殺人などの事件をきっかけに、
自分の命を見殺しにしてまで、なにがあったんだろう?
そんなことを考えていたその時でした。

 

日本が冷戦状態だと知ったのは。

 

人と人が分かり合えない。
血の繋がった親とさえも分かり合えない。

このように個人と個人で起きているように見えているこの問題が、
学校で、グループとグループで対立するように、
組織と組織でいがみ合い、潰し合う。

あ、この構造こそ、戦争だ、と。

 

国と国を巡って起きていたと思っていたこの問題は、
国と国ではなく、
日本の中の地域でさえも起こっていて、

その最小単位でいえば
人と人の争いから全ては始まっていたのだ、と。 

 

人と人が心の底から分かり合うことができないことが、

身近な人でさえ心の底から信頼し、信用し安心することができないことが

戦争の火種なんだ、とその時気づいたのです。

 

戦争をなくし、平和な世の中にしたい。

もちろん平和のイメージもひとりひとり違うでしょう。

 

しかし、本当に平和を目指すのであれば、
まず、となりの人と分かり合える社会を、
身近な人を心の底から信頼できる関係性を築いていかないかぎり、
本当の意味での平和は来ないのです。

 

そして、

『平和』を名詞ではなく「動詞」にという詞が語るように

 

平和。は待っていても来ないのです。

誰かがそこに立ち向かわない限り、成し得ないということに気づかせてもらったのがこの詞。

 

なぜ、戦争が終わらないのか?

それは

なぜ、人と人が分かり合えないのか?

という身近で誰もが経験する問題と共通していること、

その問題の根本問題を発見した時、全ての問題が一掃されていく道に出会いました。

 

平和を実現する道がここにはあったのです。鮮明に描いていく道が。

 

その道を教えてくれたのが、日本人以上に日本を愛し、

『平和』を名詞ではなく「動詞」に、と掲げずっとその活動を続けているNohJesu氏でした。

 

f:id:satori-nukuko:20200614012529j:plain

 

 

今、人間は心の奥底で悲鳴をあげるほど泣いています。

 

分かり合えないあきらめを蓄積し、絶望し、
解決策を見つけさまよう中、
心のどこかで安心を求めては、
道が見えず途方に暮れている。

そのなかで、尊厳が叫んでいるのです。
気づかないくらいに静かに、しかし、強く深く。

それほどまでに、あなたの中にある日本が深く深く泣いているのです。


しかし、日本には血を流さず平和をつくる力がある。

 

そこにあるのが、日本のPeace Powerと、Tears Power。
Peace Power とTears Powerが合わさったとき、開花したとき、
日本の尊厳が爆発し、日本が変わり、世界が変わる。

 

だからこそ、
ひとりひとりの心の平和から
令和の時代に日本から世界へ向かって
持続可能な平和を全世界の平和を
実現していく道を創る!

 

そんなことを思った今日。

 

TPPの映像は、6/14(日)12:00まで見放題😌

#平和 な世の中を共に創っていきたい方々に、ぜひ観ていただけたら嬉しいです。

 

www.pbls.or.jp

自己否定を超えた先にあった出会い

強烈な自分自身に対する
生まれてこなければよかった。

 

いや、
存在するだけで殺されるという
存在否定以上の
自己否定を越えたら、

 

すべてつながった。

 

 

人間の涙もそうですが、

日本の涙の深さは
とてつもなく壮大です。
とてつもなく。

 

出会っても気づかないくらい
根深すぎて
見過ごしてしまうほど。

 

だけど、
自己否定を越え
すべてつながった先には


尊厳以外なにもなかった。

 

すべては こころ。
尊厳 しかない。

 

それからというもの
自己否定ってほんとに
愛でしかないんだな
かわいいなってことに
気づきました💕

 

苦しみも、悲しみも
溢れんばかりに流しに流した涙も
すべては自分と
日本、人類と出会うためだったんですね。

 

また、続き書きます。